生産物_03

ssn_1

鶏から産まれるもの

純国産鶏が産んでくれた生産物。たまごから鶏肉、鶏糞まで、鶏からはぐくまれた生産物のすべてを、無駄にしないように養鶏を営んでいます。鶏をはぐくむことで、生活が豊かに、当たり前のモノゴトをすこしでも面白く、そして環境や地域がはぐくまれていくことを目指しています。 [たまご] 淡路島ではぐくんだ純国産鶏卵。 [もみじ][さくら]二種類。             詳しくはコチラ▼ [たまごまるごとプリン] たまごを割らずにつくったスイーツ。 たまご一○○%、養鶏場ならではの逸品。             詳しくはコチラ▼ [親鶏(かしわ)] 純国産鶏の親鶏一羽分。 たまごだけでなく、親鶏もおいしい。             詳しくはコチラ▼ [発酵鶏糞] 鶏糞を発酵肥料に加工して、 一○○%淡路の大地に還元。             詳しくはコチラ▼

たまご

北坂養鶏場のたまごは、純国産鶏卵。 ずっと日本の鶏だけで、日本で生まれ、 日本で育った、日本の鶏。 日本に約6%しかいない。 日本で食を楽しむのであれば、 たまごも日本の鶏が産んでほしい。 だから、北坂養鶏場は純国産鶏卵に こだわったまごを販売しています。
tamago-eye-catch

[なま専用 もみじ]

もみじが生む、茶色の純国産鶏卵。 たまごらしい深い味わいで、黄身の濃厚さが違います。 ※対応商品【淡路島もみじ】【淡路島たまご もみじ】
tamago1 tamago2
momiji-thumb-1 momiji-thumb-2 momiji-thumb-3 momiji-thumb-4 momiji-thumb-5

[調理向き さくら]

さくらが生む、桜色の純国産鶏卵。 調理に向くバランスの良さと、白身と黄身がよく混ざり合います。 ※対応商品【淡路島さくら】【淡路島たまご さくら】
sakura1 sakura2
sakura-thumb-5 sakura-thumb-3 sakura-thumb-1 sakura-thumb-4 sakura-thumb-2
さくらたまごをつかった、不思議なスイーツ「たまごまるごとプリン」特設ページはこちらから

たまごまるごとプリン

殻を割らずに、中身をプリンのような食感に仕上げた不思議なたまごです。 食べる時に初めて殻を割り、不思議な見た目への驚きと、北坂養鶏場のたまごが持つほんのりした甘みを楽しんでいただけたらとおもいます。 数あるスイーツの中でもとりわけ異色な、養鶏場ならではのスイーツです。
tamago-eye-catch
とれたてのたまごを専用の機械にセットし、高速回転させて黄身と白身を撹拌(かくはん)させた後、高温のスチームで蒸し上げてプリンのような食感に仕上げています。
kashiwa-message-1
なにも加えずにつくっているので、たまご本来の味をお楽しみ頂けます。付属のシロップとお召し上がり頂くと、よりプリンらしい味でお楽しみいただけます。
kashiwa-message-2

親鶏(かしわ)

北坂養鶏場は、良いたまごは、良い身体づくりから という想いで鶏をはぐくんでいます。 餌や水、環境にまでこだわっているからこそ、 たまごはもちろんのこと、たまごを産んでくれた 親鶏もおいしい。 噛めば噛むほど味がでるしっかりとした旨味、 濃厚な出汁は、若鶏では味わう事ができない、 親鶏特有のおいしさです。
tamago-eye-catch
毎日鶏をはぐくみ、関わってきたからこそ、おいしいたまごを産むためには、良い鶏である必要があるということを感じてもらいたい。一度食べていただければ、それが伝わると思います。
kashiwa-message-1
昔、鶏肉といえば軒先で飼っていた鶏が食べられていました。北坂養鶏場もたまごを産んでくれた鶏に感謝し、最後までおいしくいただくという想いを込めて、親鶏(かしわ)という名前をつけました。
kashiwa-message-2

発酵鶏糞

鶏の鶏糞を天然発酵肥料に加工し、島の農作物へ 循環しています。 北坂養鶏場では、餌や水にこだわり、季節によって は、淡路島で育てられたものを混ぜて鶏に与えて います。だから鶏糞に残された栄養も違います。 鶏をはぐくんでくれた大地に肥料として還元する。 たまごを生産するだけでなく、循環型養鶏場として、 できることを考えて取り組んでいます。
keihun-eye-catch
自鶏糞処理施設を作り、長い時間をかけて、発酵鶏糞にしています。
循環型の養鶏場としての取り組みが認め
られ、兵庫県堆きゅう肥共励会戴の最優
秀賞である[兵庫県知事賞]を二年連続
で受賞しました。
keihun-message-1
鶏をはぐくんでくれた、
淡路島の大地に天然発酵肥料として還元。
その大地ではぐくまれた食材を使い、
鶏を育てる。
そういった循環型の養鶏場として、
自然と一緒に鶏をはぐくんでいます。
keihun-message-2